たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2015年08月22日

調布ジュニア映画塾 第6期8日目

8月18日。調布の映画関連企業を見学しました。

午前中は、国領にある「高津装飾美術(株)」。
日本映画誕生以来、映画・テレビ・演劇で使用する「小道具」を提供している会社です。

保管倉庫内には、大きな家具類から小物まで、いろいろな時代のものが取り揃えてあり、出番を待っています。
天井に届くほどぎっしりと保管されているので、万が一に備え見学者はヘルメットを着用。
倉庫内は空調が効いていませんが、珍しさに暑さを忘れて見入ってしまいました。

調布ジュニア映画塾 第6期8日目

調布ジュニア映画塾 第6期8日目

特に、時代劇用の小道具は珍しいものがいっぱい。

調布ジュニア映画塾 第6期8日目

鎧(よろい)をつけて、兜(かぶと)をかぶってみました。
衣装用のものとはいえ、結構な重さです。

調布ジュニア映画塾 第6期8日目

隣接する「芸能美術文庫PAL」を見学。
博物館・美術館級の本物の道具類が展示されています。

調布ジュニア映画塾 第6期8日目

脚本コーナーには、良く知られたドラマの実際の脚本が並んでいます。
中学生たちは本物の脚本に興味津々でした。

調布ジュニア映画塾 第6期8日目


午後は、富士見町にある「(株)東京現像所」。
映画フィルムの現像・焼き付けから始まり、今年創業60年を迎えた会社です。
デジタル時代の現在も、さまざまな最新技術を駆使して映像業界を支えています。

調布ジュニア映画塾 第6期8日目

今は見ることが珍しくなったフィルムについての説明。

調布ジュニア映画塾 第6期8日目

デジタル技術を用いて劣化したフィルムをきれいな状態にする「レストア」の作業を見学。
ひとコマずつ映像に映りこんだゴミや汚れを除去する作業に、思わずため息がもれました。

調布ジュニア映画塾 第6期8日目

まるで映画館のような豪華な試写室。

調布ジュニア映画塾 第6期8日目


「高津装飾美術(株)」「(株)東京現像所」とも、普通は見られない会社の内部を丁寧に案内していただきました。
地元調布にこのような映画を支える会社があることを知り、改めて「映画のまち調布」を実感しました。


次回は、ワークショップ最終日。撮影した映像の編集作業です。


  • 同じカテゴリー(2015年度映画塾)の記事画像
    調布ジュニア映画塾 第6期完成作品上映会 開催
    調布ジュニア映画塾 第6期完成作品上映会のお知らせ
    調布ジュニア映画塾 第6期9日目
    調布ジュニア映画塾 第6期7日目
    調布ジュニア映画塾 第6期6日目
    調布ジュニア映画塾 第6期5日目
    同じカテゴリー(2015年度映画塾)の記事
     調布ジュニア映画塾 第6期完成作品上映会 開催 (2015-09-29 17:26)
     調布ジュニア映画塾 第6期完成作品上映会のお知らせ (2015-09-20 15:53)
     調布ジュニア映画塾 第6期9日目 (2015-08-23 14:49)
     調布ジュニア映画塾 第6期7日目 (2015-08-21 09:46)
     調布ジュニア映画塾 第6期6日目 (2015-08-20 11:01)
     調布ジュニア映画塾 第6期5日目 (2015-08-19 14:59)
    Posted by 調布ジュニア映画塾 at 10:28│Comments(0)2015年度映画塾
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    調布ジュニア映画塾 第6期8日目
      コメント(0)