たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年09月16日

調布ジュニア映画塾 第10期完成作品上映会開催

9月15日(日)、調布市文化会館たづくり8階映像シアターで、「調布ジュニア映画塾 第10期作品上映会」が開かれました。




<上映>

yotsuba作品「屋上の幽霊」(約7分)。
yotsuba作品「絆の鍵」(約15分)。
音楽も入った完成版は、本格的な短編映画に仕上がりました。
塾生たちは、自分たちが出演し撮影したものがまとまった作品となったのを見て、改めて映画を作る楽しさを実感できたのではと思います。

yotsubaメイキング」(約50分)。
塾生たちは大変だけど楽しかったワークショップを振り返り、その他の来場してくださった方たちは塾生たちの奮闘ぶりを楽しんで見てくださいました。


塾生の紹介



今年は、これまで最多の19名の中学生がワークショップに参加。
(上映会当日は3名欠席のため、写真は16名)
塾生たちからは、「楽しかった」という感想がたくさんありました。
初めて会った他の学校の人たちと友だちになれたこと
みんなで協力して作品を作り上げたこと
映画を作るという普通ではできないことを経験できたこと
映画作りに挑戦して自分が成長できたこと
など、いろいろなことが詰まった「楽しかった」です。




皆さんから

ご出席の皆さんからご感想をいただきました。
中学生がこのような本格的な映画作りができることに、皆さん驚かれたようです。
また、「メイキング」での活動の様子に、ご家庭では見られない一面を発見できたことと思います。

塾生たちには、貴重な体験をこれからに活かしていって欲しいと思います。


終了して> 調布ジュニア映画塾理事 宇根直次

今回は、市内公立校7校、市外校4校、計11校19名と過去最高の応募者がありました。これは調布ジュニア映画塾がネットのPR効果と共に存在感を示したと言えます。
毎回の事ながら異なる学校の生徒たちが一致協力、創造力を発揮して2作品を完成させました。全員がカメラ、監督、俳優をそれぞれ経験し、映画は創造力、協調、協力の総合芸術であることが理解できたと思います。又どんな時代の小道具も用意する高津装飾美術さん、常に美しい映像を創り出す最高の機器と技術を提供する東京現像所さんの企業見学もあり、映画は画面に出てくる俳優のみでなく陰のスタッフや企業の力が必要なことも分かりました。これらの体験は実社会においても活かされるものと思います。
最後になりましたが、撮影に協力して頂いた調布市立調布中学校、調布市文化・コミュニティ振興財団、市産業振興課の皆さんのご協力に対して改めて感謝申し上げます。





(水谷)  

  • Posted by 調布ジュニア映画塾 at 18:18Comments(0)2019年度映画塾

    2019年09月05日

    調布ジュニア映画塾 第10期完成作品上映会のお知らせ

    作品完成!



    プロの映画制作者の指導を受けて、夏休みの9日間で短編映画を完成させました。
    中学生たちが熱心に取り組み、楽しんで作り上げた作品をどうぞご覧ください。

    <上映作品>

    タイトル: 「屋上の幽霊
    あらすじ: ある噂を耳にした進太と来輝は、それを確かめるべく屋上へ向かう。その噂とは、夕方に屋上で泣いている幽霊を見たら不幸が起こるというものだった。幽霊を見てしまった進太。果たして、進太にはどのような不幸が…

    タイトル: 「絆の鍵
    あらすじ: 終業式、学校のうわさを聞いたケイは、仲の良い5人を集め、うわさを試そうと言う。そのうわさとは、お盆の日の3時、4回手をたたいてから入ると不思議な事が起こるというものだった。その不思議な事とは…

    制作過程の全てを記録した「メイキング」も同時上映いたします。
    中学生たちが映画制作に取り組む様子をご覧ください。

    日時: 9月15日(日)13:30~15:30
    場所: 調布市文化会館たづくり 8階映像シアター
    入場無料(先着100名)


    「ちょうふネットテレビ」が、今年のワークショップを紹介する番組を制作しました。


    (撮影・編集:水谷)


    調布ジュニア映画塾について

    <ワークショップのねらい>
    このワークショップは、プロの映画監督や技術者の指導のもと、脚本、撮影、編集の映画制作の全てを体験するものです。監督、助監督、カメラ、マイク、照明、俳優をみんなで担当し、協力して完成させます。映画制作という共同作業の中で、創造力や表現力を養うと同時に、仲間と協力し、知恵を出し合って自分たちの映画を作り上げる達成感を味わうことができます。コミュニケーションの大切さを学びながら、楽しい映画づくりを体験する「調布ジュニア映画塾」は、調布市が進めている「映画のまち調布」にふさわしい事業のひとつです。

    <体験内容>
    7月21日(日) 【オリエンテーション】ワークショップの説明と映画の仕組みなどの話 カメラ、マイクなど機材の扱い方と練習(脚本の原作を家で書き、次回提出)
    7月24日(水) 原作の発表 脚本にするものを選ぶ 脚本の書き方 脚本作成
    7月25日(木) 脚本作成
    7月26日(金) 脚本の検討と完成
    7月30日(火) 撮影の準備(キャスト・スタッフ決定、撮影の計画、演技指導など)
    8月 1日(木) 撮影(たづくり館内、布多天神社)
    8月 2日(金) 撮影(調布市立調布中学校)
    8月 3日(土) 撮影(たづくり屋上・館内)
    8月 7日(水) 編集
    8月 8日(木) 映画関連企業見学(高津装飾美術㈱、㈱東京現像所)


    (水谷)  

  • Posted by 調布ジュニア映画塾 at 17:36Comments(0)2019年度映画塾