たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2017年08月11日

調布ジュニア映画塾 第8期8日目

無事 クランクアップ



【8月9日 調布市立第三中学校】

前日の8日に予定した撮影は、台風の影響で荒天が予想されたため中止し、予備日になっていた9日に変更しました。

今日は学校の教室・廊下と校門という設定での撮影です。
調布市立第三中学校にご協力いただき、校舎をお借りして撮影をしました。



廊下でのシーンから撮影開始





カメラを廊下から覗き見る位置に置いて、マイクは教室内で演者の声をしっかりとらえます。



カメラの構え方も板に付いてきました。



ひとつのシーンでも、カメラの位置を変えて複数のカットを撮ります。
役者は同じ芝居をそのたびに繰り返します。
自分が写っていないときにも、気を抜かずに演技をすることが大事。






現役塾生が役者として出てしまい撮影スタッフが足らない時には、頼りになる塾生先輩たちがいます。
1回目、2回目のジュニア映画塾に参加して、その後も毎年手伝ってくれている先輩。



昨年は兄弟で参加。
高校生になった兄(右)は、今年は活動をサポートしてくれました。




あっあの「時計のようなもの」が登場
どんな意味があるのか・・・



赤いペイントを塗って、ケガをしている設定。



廊下での物語最後のシーン。
ハッピーエンドかな・・・




残りは校門の設定のシーンで、外での撮影。
校庭の「百日紅(サルスベリ)」。
毎年、撮影のころはちょうどサルスベリが満開です。



校舎の裏手で撮影開始。



高校生になった塾生先輩がもう一人、撮影の見学に来てくれました。



この日は最高気温が37度を超えました。
本番の合間、少しでも日陰をとの心遣い。



撮影最終シーンを撮り終わり、無事終了。



先輩たちも一緒に記念撮影。




2日間、みんな集中して撮影に取り組みました。
次回は、みんなで協力して撮影した映像を使って編集に挑戦です。  

  • Posted by 調布ジュニア映画塾 at 17:15Comments(0)2017年度映画塾