たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2013年09月17日

調布ジュニア映画塾 上映会

9月15日(日)、調布市文化会館たづくり8階映像シアターにて、
「調布ジュニア映画塾」第4期完成作品の上映会が開かれました。
接近中の台風18号の影響で激しい雨が降る中、多くの方々に足をお運びいただきました。



上映前に、今回の塾生たちの自己紹介と一言がありました。



それぞれ監督や俳優や裏方に取り組んで、「貴重な体験ができた」「楽しかった」
という感想がほとんどでした。

最初に、「俺は宇宙人」(約4分)「トラブル」(約10分)の2作品の
音楽などの音を調整した最終的な完成版が上映されました。
塾生たちは、自分たちが出演し撮影した映像が、
短いながらもまとまったひとつの作品になったのを見て、
感慨もひとしおだったのではと思います。

そのあと、塾生たちの映画制作の様子を記録した「メイキング」が上映されました。
こちらは約55分と、たっぷりの内容。
15名の塾生たちの映画塾での活動の様子を丁寧に記録した映像に、
保護者の方々からは「真剣に楽しく取り組んでいる様子が良くわかった」
というコメントもいただきました。

共催の調布市から副市長、産業振興課担当部長、
後援の調布市教育委員会から指導室長補佐、
えんがわファンド助成の市民活動支援センターからセンター長、
またその他にも出席してくださった方々からスピーチをいただきました。

お世話になった制作スタッフの映画監督さんたちと一緒に記念撮影!




終了して(事務局長)
今回は、調布中、神代中、三中、四中、五中、六中、東京都市大学等々力中、明治大学付属中の8校から、男子7名、女子8名の15名が参加しました。公立中学校だけでなく、私立学校や学校以外の施設やメディア機関を通して募集をした結果、多くの参加者を得ることができました。学校や学年の異なる中学生たちが、目を輝かせひとつの目標に向かって真剣に取り組んでいる様子が印象に残りました。また、企業見学では、どんな時代の小道具もそろえる高津装飾美術、フィルムからデジタルへの最新技術を駆使し、大切なフィルムの保存と修復なども行っている東京現像所を訪れ、映画作りの現場や裏方の仕事の大切さを学びました。夏休み中の子どもたちにとって、学校では得られない貴重な体験ができたことと思います。  

  • Posted by 調布ジュニア映画塾 at 09:46Comments(0)2013年映画塾

    2013年08月26日

    調布ジュニア映画塾 第4期10日目

    「映画のまち調布」には、映画に関連した仕事をする会社がたくさんあります。
    映画が身近にある街の「ジュニア映画塾」として、映画関連企業を見学させていただきました。

    8月16日・・・
    午前中は、高津装飾美術(株)を訪ねました。
    映画・テレビ・舞台などで使用する小道具を扱っている会社です。
    映画で使う小道具は、電化製品、家具、カーテン、布団などから、鎧兜、刀、鉄砲まで様々な時代のあらゆる物が必要になります。それらが収納されている倉庫の中を見せていただきました。
    少し昔の懐かしい身の回りの品々から、時代劇でしかお目にかからない珍しいものまで、棚にぎっしりと並んでいます。
    特別に、鎧兜を着けさせていただきました。凛々しくて、いい感じです。これだけは撮影許可を得て写真をパチリ!でもちょっと重たくて暑い・・・



    「芸能美術文庫PAL(パル)」も見学させていただきました。
    新旧話題の映画・テレビ・舞台で使われた小道具を公開展示している資料館です。小道具とはいえ、その豪華さに目を見張ります。
    脚本コーナーでは、良く知られたドラマの実際の脚本が並んでいます。自分で脚本作りを経験した中学生たちは、本物の脚本を食い入るように見ていました。



    午後は、(株)東京現像所におじゃましました。
    映画フィルムの現像・焼き付けを中心に、長年映像業界に貢献をしてきました。
    映像がデジタル化した現在も、特殊技術を駆使し豊かな映像作りを支えています。
    実際の映像を使って特殊効果をわかりやすく説明したDVDを見せていただいた時には、中学生たちから思わず拍手が起こりました。





    映画関連企業を見学して、中学生たちはますます映画作りに興味を持ったのではないかと思います。

    次回は、作品上映会です。中学生たちが撮った映像が、どんな作品になるか楽しみです。
    当日は先着100名で、どなたでもご覧いただけます。
     日時: 9月15日(日) 10:00~12:00
     場所: たづくり8階映像シアター  

  • Posted by 調布ジュニア映画塾 at 10:11Comments(0)2013年映画塾

    2013年08月22日

    調布ジュニア映画塾 第4期9日目

    8月14日、編集です。
    編集作業のあらましについて講義を聞いた後、撮影した素材をひと通りみんなで見てみます。

    写真


    編集作業はパソコンを使って行ないます。
    編集作業の中心は、撮影した素材の中から必要な部分を選び出し、見せる順番とタイミングを考えながらカットをつないで行くことです。
    今回は、4つのグループに分かれて、ひとりひとりが、ひとつのシーンを作り上げる作業に挑戦しました。
    ほんの短いシーンでも、それぞれの個性が表れてバラエティーに富んだ仕上がりとなりました。

    中学生たちはパソコンの扱いに慣れており、基本的な使い方を説明すればすぐに自分でできるようになりました。

    写真


    写真


    写真


    平行して本編の編集も進みました。さてさて、どんな作品になるのか・・・

    写真


    自分で編集してみることで、編集によって作品の印象が大きく変わることなど、少しだけ編集の面白さも理解できたのではと思います。  

  • Posted by 調布ジュニア映画塾 at 12:10Comments(0)2013年映画塾

    2013年08月18日

    調布ジュニア映画塾 第4期8日目

    8月13日(火)、本来は編集の予定の日でしたが、ここでアクシデント発生!
    技術的な問題で、9日に撮影した部分を、再度撮り直さなければならないことに・・・

    前回と同じロケ場所が借りられない場面もあり、急遽、設定や台詞を変更して乗り切ります。

    写真



    短期間に映画の完成までこぎつけなければならないので、臨機応変な対応が必要になります。
    この辺りは本物の映画制作と同じかも・・・

    写真



    写真



    続く部屋の中の場面も、9日とは違う場所のため、役者の動きなどを変更します。

    写真



    写真



    図書館の場面は、同じ場所でのロケなので、前回と同じように撮影を進めます。

    写真



    写真



    写真



    急遽設定したロケ場所もあり、映画塾スタッフの段取りもぶっつけ本番になりましたが、何とか予定時間内に撮影終了。
    明日はいよいよ、編集です。

      

  • Posted by 調布ジュニア映画塾 at 12:25Comments(0)2013年映画塾

    2013年08月16日

    調布ジュニア映画塾 第4期7日目

    8月11日(日)、撮影2日目です。
    今日は外撮りが中心なので、みんなでロケ場所まで徒歩で移動して撮影を始めます。

    写真



    記録的猛暑の中、公園や野川沿いの遊歩道などで、子どもたちも映画塾スタッフも汗だくになりながら、熱中症に気を付けて撮影を続けます。

    写真



    写真



    家の中のシーンでは、お借りした民家にすし詰め状態でお邪魔して、撮影を行ないました。

    写真



    写真




    今回撮影するシナリオには、ジュニア映画塾初のグリーンバックによる合成場面や、全くの暗転の場面があるため、「たづくり」8階のスタジオを借りて撮影しました




    写真



    夕方、「たづくり」に移動する頃から見たこともないような激しい雷雨に・・・
    京王線も止まってしまって、しばらく帰宅できない塾生もいましたが、今日も無事終了です。

      

  • Posted by 調布ジュニア映画塾 at 12:00Comments(0)2013年映画塾

    2013年08月15日

    調布ジュニア映画塾 第4期6日目

    いよいよ撮影です。
    8月9日(金)、たづくり前に集合後、最初のロケ場所の喫茶店で撮影を始めます。
    開店前のお店を貸してくださったことに感謝です。

    写真



    最初は、「本番! ヨーイスタート」の掛け声や「カチンコ」の扱いもぎごちないものでしたが、回数を重ねるごとに様になってきました。

    その後、部屋の中のシーン撮影のため、「たづくり」会議室へ・・・
    何度も役者の動きやせりふを確認してイザ本番。




    午後からは、図書館の撮影のため、お借りした中学校の図書室へ、みんなで電車移動でした。
    お借りした場所に合わせて、カメラの位置やアングル、役者の立ち位置を考えていきます。




    写真



    撮影初日は順調に終了しました。
      

  • Posted by 調布ジュニア映画塾 at 12:36Comments(0)2013年映画塾

    2013年08月08日

    調布ジュニア映画塾 第4期4日目・5日目

    8月6日(火)には調布市文化会館たづくり6階602号室にて本年度ジュニア映画塾の4日目が、8月7日(水)にはたづくり11階1102号室にて5日目が行われました。




    6日は塾生それぞれが完成させた脚本を発表し合い、投票制度で映画化する作品を選出。
    これまで、撮影そのものに興味はあっても作文は苦手と云う生徒が1人や2人紛れている事も珍しくありませんでしたが、今年の塾生は皆がみな、書く事から楽しんで取り組んでいる様子です。1人ずつプレゼンした各々の作品は、どの作品も作者の熱意が溢れ出ているものばかりなだけに票も割れ気味でしたが、本年度は『俺は宇宙人』『トラブル』の2作品を皆で映画として完成させる事になりました。
     


     
    二日と云う短い撮影日で撮り切る為、早速準備にかかります。
    この日は配役を決め、軽く読み合わせをして、衣装のイメージを出し合うなどしました。
     


     
    7日は本格的に撮影準備の打ち合わせを行いました。
    今年は演技に興味のある人も多かった為、まず最初に講師から塾生たちに“俳優の仕事って何?演技をするってどういう事だろう?”との問いかけが。脚本に書かれている台詞や行動からそのキャラクターの性格や演出の意図を読み取る方法、読み取った人物像や作品の世界観を演技に反映する方法等のレクチャーを受け、読み合わせ(ホン読み)から実際に動きの段取りをつけたリハーサルも行いました。
    撮影に必要な小道具を確認し、二作品を同時進行で撮影する為の班分けもして、進行を整理してある香盤表もチェックした後、午後はロケーションハンティング=ロケハンに出かけます。
     


     

    日程がタイトな為、実際は、脚本決定を受けてスタッフがあらかじめ撮影許可をいただいた場所を確認に出かける下見の作業になりましたが、これまで涼しい屋内での作業ばかりだった塾生たちには、真夏の映画撮影への心の準備を促すツアーになったことでしょう。

    次回、いよいよ撮影に入ります。
    水筒と塩分タブレットと保冷剤を携えて、いざ!熱い闘いの幕開けです。  

  • Posted by 調布ジュニア映画塾 at 11:18Comments(0)2013年映画塾

    2013年08月05日

    調布ジュニア映画塾 第4期3日目

    8月4日(日)調布市文化会館たづくりの6階602号室にて、本年度ジュニア映画塾の3日目が行われました。
     


     
    脚本作りも2日目を迎え、完成を目指して個人作業となりました。アドバイスする講師陣も机を回っての完全個別指導。みなスゴイ集中力で作業に没頭し、いきおい終了予定時間も少しばかり延長する流れになりました。。。
     


     
    絵コンテ切ってる塾生も!
    次回はいよいよ、みなで発表し合って実際に映像化する脚本を選考します。バラエティ豊かなプロットが、それぞれどう仕上がったのか楽しみです。その中から話し合ってどう選ぶのかは、更にわくわくドキドキです!  

  • Posted by 調布ジュニア映画塾 at 21:49Comments(0)2013年映画塾

    2013年08月01日

    調布ジュニア映画塾 第4期2日目

    7月30日(火)調布市文化会館たづくりの6階601号室にて、本年度ジュニア映画塾の2日目が行われました。
    この日は脚本作りの1日目です。前回出された「映画にしたいストーリーのあらすじを書いてくる」と云う宿題を一人ずつ発表し合い、それをまたそれぞれが脚本の形に書き起こす作業を始めました。
     

     
    ラブストーリーあり、学園バイオレンスあり、戦隊もの(?)あり、SFファンタジーあり、ホラーテイストあり、シュールな寓話あり、桐島風(???)あり…
    今年は見事に個性的なプロットがそろい踏みです。みんなもう撮りたい映像を頭に描いているんだなあと、びっくりする程でした。どれもこれも動画になったら面白そうなモチーフばかりですが、さて、半日程度のロケハンにほんの数日の撮影日で撮れる作品はあるのでしょうか?制約が多くて実際に映像化出来る作品が限られてしまうのは短期間のワークショップである限り仕方のない事なのですが、例年“もったいない”思いもします。
     

     
    というのはちょっと先の心配事です。まずは次回、1人ずつが全力で自分のプロットを脚本として完成させるのです。余力があれば、絵コンテも…?  

  • Posted by 調布ジュニア映画塾 at 16:02Comments(0)2013年映画塾

    2013年07月25日

    調布ジュニア映画塾、第4期開講しました!

    本年度の「調布ジュニア映画塾」は、7月23日に開講いたしました。
     


     
    初日はオリエンテーションを行い、4期生となる皆さんの自己紹介、映画塾でどんな事をやってみたい?どんな映画が好き?など、話してもらいました。
    映画ってどうやって作るんだろう?と興味を持って参加した人、編集作業を経験したい人、脚本を書きたい人…
    例年どおり、意外と裏方仕事に人気が集まるなあ、ふむふむと聞いていると、「演技に興味があります!」「主役をやってみたいです!」と宣言する人が何人か元気に出現。
    今年は配役には困らないようで楽しみです。

    昨年度の「調布ジュニア映画塾」の作品を、真剣に食い入るように見る塾生たち。



    実際にカメラとマイクを使って、短い場面を撮る練習もしてみました。
    初めて触れる本格的な機材に興味津津。



    次回7月30日までに、映画の脚本のもとになる物語を各自で作ってきます。
    どんな物語ができあがってくるかな。  

  • Posted by 調布ジュニア映画塾 at 16:32Comments(0)2013年映画塾